<< ベヨネッタ | main | ルアーフィッシング >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

Batmobile 4th

本日はこちら。

ドリームトミカ
バットモービル 4th(カモフラージュver.)


発売元:タカラトミー

クリストファー・ノーラン監督版バットマンのバットモービル
『タンブラー』のカモフラージュバージョン。


去年発売されたバットモービル(左)と比較しても
型に相違はないように見受けられました。


「カモフラージュ」と言っても砂漠や草原地帯ではなく、
街中を爆走しているので、かえって目立ちますな。

 

at 22:47, なるけん, キャラものレビュー

comments(2), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 22:47, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment
のぞみ☆彡, 2014/01/24 9:38 PM

そういえば・・・(誰も何も言ってないけど(≧▽≦) )
以前、これの大きいバージョンも載ってましたよね〜。
探したら、あった(^◇^)

2013.11.10 Sunday
バットモービル タンブラー キャノン

これの小さいバージョンなのか、ちょこっと違う別バージョンなのか・・・。
こーいうのは、素人目では同じに見えても、好きな人は、細部で違いがわかったり、やっぱり違うんですよね〜♪

カカシ先生も、暗部カカシや、仔カカシもある〜(^^)

なるけん, 2014/01/26 9:45 AM

のぞみさん、おはようございます。

まず、バットマンの正体である主人公のブルース・ウェインという人物がいます。

彼は大富豪の実業家で、彼の会社の「応用化学事業部」というところで川に橋を建設するための車として、今回のブログ記事写真にあるタンブラーという車が作成されます。
(彼が作成を支持したわけではなく事業部担当のフォックスが制作)

ウェイン氏は、そのタンブラーをとても気に入りバットモービルとして改造します。
(映画の中ではフォックスに対し「黒はあるかな?」と聞くだけですが、戦える車として色々と機能が追加されています)

そして写真左側の黒い車がバットモービルとして登場します。

クリストファー・ノーラン監督のバットマンは3部作になっているのですが、第2部でバットモービル(黒い方ですね)は、宿敵ジョーカーが放ったロケットランチャーのロケットにより破壊されます。

直接狙われたわけではなく、護送車を守るため盾になり機能不能。
バットマンはバットモービルから「バットポッド」と呼ばれるモーターサイクルで緊急脱出し、直後にバットモービルは爆破(バットモービルの証拠を残さないために爆破したようにも思えます)

ジョーカーが捕まりゴッサムシティは希望と平和を取り戻しつつある中、第3部で凶悪な思想を持ったベインというテロリストが現れます。
彼はゴッサムシティには革命を起こすため、まずは街すべてを破壊することを目論みます。

そのために、ウェイン社の倉庫からタンブラー(バットモービルではない方)を奪取し、改造を行います。

これがバットモービルタンブラーキャノンで、のぞみさんがコメントで書かれたタンブラーですね。
これはタンブラーの上部にキャノンが付いてるのが特徴です。

まとめると、

.織鵐屮蕁次覆燭世侶設重機)

▲丱奪肇癲璽咼襦聞い車体)

タンブラーキャノン(テロリストがタンブラーを盗んで改造した戦車)

となります。

たいていの商品には全部にバットモービルとついてしまっていますが、実際には黒い車体(バットマンが使用している車)がバットモービルということになります。

短い説明で分かりにくいと思いますが、そんな感じです。










trackback
url:http://naruken.jugem.jp/trackback/1361