<< 【MV】WANIMA『ともに』と『切手のないおくりもの』 | main | 【日記】革小物ワークショップ参加 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

【キャラもの】バーソロミュー・くま

劇場版ワンピース『ONE PIECE FILM GOLD』7/23(土)公開。

皆さんはもう観に行かれたのでしょうか?

 

 

そんな問いかけをしておきながら僕はまだ観てないんですけどね。

 

 

漫画ワンピースは、海賊たちが『ひとつなぎの大秘宝』を目指し、

ワクワクの冒険、ハラハラの戦闘、ウルウルの感動、

ドキドキの幸せパンチを繰り広げるストーリーなわけですが、

壮大な話だけに登場キャラも多いんです。

 

そしてキャラが多いだけに「誰が最強なのか?」

「誰がお気に入り?」という話になるわけですね。

 

僕がその質問を聞かれたら間違いなくこう答えます。

 

 

ガイモンさん(箱入り息子)

 

 

バーソロミュー・くま

 

海賊として残虐の限りを尽くし「暴君」と呼ばれた男。

 

そう、誰が決めたか知らないが世界三大暴君と言えば、

K-1の『暴君ピーター・アーツ』、東ハトの『暴君ハバネロ』、

そしてワンピースの『暴君バーソロミュー・くま』。

 

つまり最強の名にふさわしい人につけられる名称であるわけです。

 

 

悪魔の実『ニキュニキュの実』を食べた肉球人間(超人系)。

 

掌(手のひら)の肉球で、打撃だけでなく、斬撃や炎も弾き飛ばし、

大気を弾くことで衝撃波を生み出すこともできる。

 

さらに体内に蓄積された疲労や痛みを体外へ弾きだすこともでき、

それを他人へ移すことも可能。

 

 

海賊でありながら世界政府に海賊行為を公認された(条件あり)

王下七武海のメンバーであり、実はその世界政府を倒そうとする

革命軍のメンバーであるという謎の多い男。

 

 

左手には常にBIBLEを持ち歩いているが、

 

幼少期は両手でNINOKINを読み歩く日々を送る。

 

漫画の主人公であるモンキー・D・ルフィを船長とする

麦わらの一味が世界政府に壊滅させられそうになったとき、

肉球の能力でメンバーそれぞれを世界各地に弾き飛ばし、

そして麦わらの一味が再び集まるまで、彼らの海賊船を

守り続けるという行動をとる。

 

つまりバーソロミュー・くまがいなければ、

ルフィ達の冒険は終わっていたかもしれないのですね。

 

 

バーソロミュー・くまは海賊船を守るまでの間に自ら志願し、

世界政府のDr.ベガパンクにより人造人間に改造されている。

 

また、そのバーソロミュー・くまを元に平和主義者の意味を持つ

『パシフィスタ(PX-XX)』も製造されることになる。

 

PX-0は、改造されたバーソロミュー・くま自身ではあるが、

自我の意識を持たない完全な兵器となってしまっている。

 

 

が、本当にもう意識のない政府の兵器となってしまったのか、

また新たな展開があるのか気になるキャラクターである・・・

 

 

ということで、キャラものコンテンツに

『バーソロミュー・くま』を追加予定です。

 

 

って、予定だけかいっ!!

 

 

ーーーだが、的を射ている。

 

 

at 23:05, なるけん, 日常

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 23:05, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://naruken.jugem.jp/trackback/1466