<< 【レビュー】トミカ武将コレクション 武田信玄×三菱ランサーエボリューションX | main | 【ミニ四駆】ジルボルフ作成(塗装編) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

【ミニ四駆】ジルボルフ作成(下準備編)

作っても走らせたことが無いでお馴染みのミニ四駆作成。

今回購入した車体はこちら。

 

ミニ四駆PROシリーズ

ジルボルフ(MAシャーシ)

どうやらオオカミをイメージしたデザインのようですね。

 

組み立てのために用意したものはこちら。

カッター、ニッパー、ドライバー。

 

組み立てに接着剤の必要はなく、パーツも少ないですね。

“△ら内容物を取り出して各パーツを確認

△泙困魯椒妊のパーツをランナーから取り外し

3パーツなので簡単ですね

ど嫗阿離掘璽襪眦当に貼っておきましょう

 

次にシャーシ部分。

.轡磧璽靴魯プションパーツなども取り付けながら組み立て

▲織ぅ笋肋径ローハイトホイール

 ギアを組み立てる時はグリスを忘れず塗りましょう

 塗る箇所は説明書に明記されています

E澱咫陛杜)が通らなければ走りませんので、

 金属部がしっかり接するようにはめ込みます

ず埜紊縫癲璽拭爾鮗茲衂佞韻泙后兵命燭鷲嫗阿離痢璽泪襯癲璽拭次

 

ボディと合わせ、残りのシールも張り付けて完成です。

スポーツカーのようなフォルムでカッコいいですよね〜。

 

そう、これでも十分にカッコいいのですが、

ここからボディをパトカー風に変えていきたいと思います。

 

まずは、貼り終わって1分と経たず内にシールを剝がします。

 

パトカーの白黒車体に対して、ジルボルフの色は黒なので、

一度サーフェイサーを吹いて下地の色を消していきます。

 

今回はこちらのサーフェイサーを使用しました。

MR.HOBBY Mr.サーフェイサー1000(ホワイト)

※換気の良い場所で周りの人や物に影響がないことを確認しましょう

※使用の際は自分自身もマスクや手袋、ゴーグルなどをしましょう

 特に外の場合は風向きによって予期せぬ方向へ塗料が飛びます

※製品に使用上の注意が書かれているのでよく読んで使用しましょう

 

それでは実際に吹いていきます。

こちらは1回吹いたら30分ほど乾燥させて計3〜4回程吹いた状態。

 

黒色の時には気付かなかったバリの残りが目立ちますね。

(バリ:ランナーから外した時の出っ張り)

 

よっぽどじゃない限り僕はあまり気にしないですけど、

バリが気になる場合は紙やすり等を掛けて滑らかにします。

 

当然塗装した部分も削れてしまうので、再度軽く吹いて隠します。

ふむ。ほとんど目立たなくなりましたね。

 

こんな感じで塗装前の下準備は完了です。

 

これで下準備は完了。

次回は塗装編です。

 

at 10:53, なるけん, おもちゃ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 10:53, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://naruken.jugem.jp/trackback/1475