<< 【ミニ四駆】ジルボルフ作成(塗装編) | main |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

【ミニ四駆】ジルボルフ作成(仕上げ編)

前回の記事では、ミニ四駆『ジルボルフ』を

パトカー風に塗装したところまで完了しました。

 

 

今回細かい箇所を仕上げて、ジルボルフもとい

『パトボルフ』を完成していきたいと思います。

 

 

まず前面のライトは、付属していたシールを使用しました。

加えてパトカーって、前面の口みたいな所(赤丸の箇所)に

赤いランプみたいの付いているでしょ?

 

次にそのランプを作っていきたいと思います。

.廛薀皀妊詬僂離僉璽弔鰺儖

 左から、Cメッシュ(ウェーブ)、Hアイズ(ウェーブ)、

 カメラアイ(アドラーズネスト)

 ※( )内はメーカー名

△泙困魯メラアイのサイズに合ったHアイズの4.5个

 取り出します。

Hアイズの底面を赤で着色してからカメラアイと合わせます

 接着には工作用ボンドを使用しています

Cメッシュを口に合わせて貼り合わせ(ボンドを使用)、

 カメラアイを差し込む穴を2か所開けていきます。

 

開けた穴にカメラアイを差し込むとこんな感じに。

なんとなくそれらしく見えれば良いのです!

 

次に窓に取り掛かりましょう。

用意したのはフィニッシュシート(メーカー:ハセガワ)

色はカーボン柄を選びました。

 

窓枠などの境目や溝があるものに関しては、塗装するよりも

このようなシートをカットして貼り付けると楽だと思います。

〜誅箸茲蠅眈し大き目にカットして、中央から空気を

 抜きながら貼り付けます

 フィルムを剥がすとシールになっているのも便利です

¬碧世覆匹覗襪龍目に沿ってきっちりなぞります

6目にカッターの刃を当てながら切っていきます

い△箸鷲塒廚壁分を剥がせばOK

 

作業時間は塗装に比べて圧倒的に短く、見栄えも良いです。

 

サイドが寂しいのでデカールを使用して文字を入れます。

使用したのはMCNデカールのアルファベットホワイト

(メーカー:HIQ PARTS)

 

一文字ずつカットした文字を水につけシートから剥がし、

バランスを取りながら貼り付けていきます。

多少ガタガタになってしまうのはご愛嬌ということで。

マスキングテープなどでラインを作ってから貼ると

もう少しまっすぐ貼れるかもしれませんね。

 

 

デカールを張り付けて完成と思ったのですが、

ウイングに書いた手書きの文字があまりにも汚いので

家にあったテプラで印刷し貼り付けたいと思います。

〔性ペンで書いてしまったので薄め液で落とします

¬碧世琶源をなぞりながら塗料を落としていきます

I縮未鮖罎笋垢蠅農阿┐泙

ぅ謄廛蕕如嵜斉狎邯警察」の文字を印字します

 数年ぶりにテプラの電源入れましたが動いて良かった

 さすが世界に誇るカシオ製品です

 

あとは適当な場所に張り付ければ良いだけですね。

 

 

そして・・・

 

 

パトカー風ジルボルフ『パトボルフ』の完成です!

 

サイドの文字『POLICE』の前にTAMIYAマークも貼りました。

やっぱりこのマークの配色はパトカーに合ってるよね〜。

 

あとはサイズ感の良いパトランプ、もしくはそれに相当する

パーツがあれば上部に取り付けたいですね・・・。

 

バックライトはフィニッシュシート(赤・オレンジ)を使用。

 

まー、それなりの姿になったのではないでしょうか。

 

ちなみに今回も電池すら入れていないので、

肝心の走るかどうかは分かりません・・・

 

 

at 08:06, なるけん, おもちゃ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 08:06, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://naruken.jugem.jp/trackback/1477